上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

桜の予報と私のお昼御飯 

各地で開花の報が飛び込んできて胸が踊ります

しかし私の住む地域ではまだ蕾が硬いままで、ほころぶにはもう少し待たなければならないようです


桜開花時期を読んでとった折角の有給休暇が無駄になりました




実は前日までに状況が覆らないことは分かっていたので今日の起床はゆっくりでした

ゆるゆると床から出て、コーヒーを舐め、ロボティクス・ノーツとカブっていた為に今まで録画できなかったガルパンを視て、あれっ? マウスの重量ってものすごーく重いんじゃないの?とか独り言してました


気付くとAM11:00をまわってお腹が空いてきました。 ごはん作るのめんどいしやっぱ食べに行くついでにちょこっと撮影しよかな 牛丼たべるの? 魚介系とんこつ和風ラーメン食べる? ナンとインド人のカレーもいいかもね~ とか色々考えて結局川原で食べることにしました


sIMGP1964.jpg
 


ちょっと前に話題になり買っておいた「いなばのチキンとタイカレー」があったの思い出して此処ぞって感じの投入です
我ながら素晴らしい采配です

sIMGP1974.jpg




無駄にアウトドアへの憧れを持ったりしているので携帯ストーブなんぞ用意してあったりします

この大きさスマホぐらい、厚さスマホ2.5台分位の箱がトランスフォームしてストーブになります


sIMGP1965.jpg



こんな感じになります

奏慶 「はしょりすぎじゃない? 」

sIMGP1970.jpg







ちっちゃいから沸くの時間かかるだろと油断してたらあっちゅうまに沸騰です

ボサっと嘉重と遊んでたので急に巻きになって慌てることに

sIMGP1975.jpg





このお湯でカレー缶をあっためて、御飯は別のコンロ用意して温める予定だったのでこの展開は予想していなかった


急いでもう一台出して追っかけます

sIMGP1996.jpg




しかしここでもう一つの誤算がー 

なんと御飯パックのボイル時間は十四分だったのです


sIMGP1982-001.jpg


そういえばtareさん家で食べた時にそんなこといっていたようなw















8分は待ちました これが私の最大限の譲歩でした

もしお腹の調子悪くなっても文句言いません。 自己責任です




「いなば式 チキンとタイで作った本格的な味がウリの現在でもやや入手困難な状況カレー」完成型です

sIMGP2007-001.jpg


ハーブの香りと辛さが本格的でした。 器がちゃんとしててタイの人が黙って出してくれたら缶詰ってわからないのではないでしょうか っていうぐらいうまかったです 

ええ 男の私が食べても大変美味しかったです



カレー食べてるうちにお湯が沸いたのでカップ麺を作るフェーズに移行 

sIMGP2015.jpg


こんな撮影している間に麺がノビたんじゃないの~ とかツッコミ入れられる私は10年前に決別していた!

そんな事態は想定していたので、お湯入れて20秒で蓋開けて撮影し始めたので撮影終わって食べ始める時でもまだ麺は音をたててバリバリでしたよ












ココに何しに来たのかというと 今日は・・・  撮影よりも御飯食べに来たってことでまぁいいか

sIMGP2018.jpg


食べ終わって コーヒー飲んだら落ち着いちゃってなんかどうでも良くなってしまった



ぼ~っと川を見ていたら、流れの中にアマゴらしい魚影が二つ三つこちらをうかがっていてカメラかまえたら逃げていた

流石だなとうなったり






桜はまた機会を見つけて行こうと思います

私は水と空気と光と美しい景色がなければ生きていけないのですw 


今週は桜前線の報せに一喜一憂する日々になりそうです



















スポンサーサイト
[ 2013/03/30 00:17 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)

奏慶と尾道の坂

旅行記 三回目です

奏慶と尾道を散歩してきました


尾道に興味を持ったのは多分 06年頃に松本規之氏の「つばめ 陽だまり少女紀行」を読んだからだと思います。

少女が坂道で猫と出会う回が好きで、いつかこの坂道を歩いてみたいと憧れを持ちました


sIMGP1775.jpg



実は今、単行本を読み返してみましたら、少女と坂と猫の回は長崎が舞台でした。 

私の記憶はあてにならないです








ロープウエーで千光寺公園まで登り、頂上から下ってくるのが一般的なルートのようですが千光寺新道から徒歩で頂上を目指しました

sIMGP1762.jpg










酢瓶で作った垣のある路。  志賀直哉旧居へと続いています

sIMGP1766.jpg






中腹にある公園で猫に出会いました。 穏やかな暖かい日でしたので猫さん達がいっぱいいました

sIMGP1783-001.jpg






奏慶 「 お父さん こっち来て休憩しよ 」

― どこに座ればいいの?w

sIMGP1794.jpg









sIMGP1810-001.jpg








中村憲吉旧居で。 中に上がることができないようなので縁側から伺いました

sIMGP1801.jpg





ポンポン岩から尾道水道をのぞむ。 

sIMGP1815.jpg







有名力士の手形モニュメントがあったので比べてみた。 流石におっきいですね

sIMGP1821-001.jpg








桜が満開でした。 鳥が忙しそうにしてました

sIMGP1831-002.jpg







奏慶 「 先に行ってるよ 」


―  元気だなー


sIMGP1854.jpg







細い路地を巡ってノスタルジックなおもいにひたれます


sIMGP1879.jpg









sIMGP1883.jpg









さて狭い街ゆえによそ者からみると少々危険では?という場所も多々あります

突然 死角から電車が飛び出したりしてきます

sIMGP1933.jpg









私の写真ではうまく伝わらないので、この分野では達人のshinさんにお願いして写真を加工していただきました

縮小全部のせ

どうです スゴイ迫力ですね。 実際こんな感じで電車が走り抜けていきます










sIMGP1904.jpg




電車の写真ばかりで恐縮です

あまり電車の写真を撮ろうと思わないの私なのですが、ガッツリ撮れるポイントが沢山ありますので思わずシャッターをきってしまいます





坂道を昇って下ってで約四時間程 うろつきましたところ太ももとふくらはぎがパンパンになってしまいました。

憧れていた尾道。 ホントの目的地は長崎だったけど来れてよかった 



日程の都合で街の半分程しか回れなかったのでまた来ようと思います 

























[ 2013/03/23 00:16 ] 奏慶 | TB(-) | CM(-)

奏慶と大三島の海

奏慶と大三島の海で遊んできました

sIMGP1436.jpg





懐かしい、でも見たことのない風景。 安らぎと驚きの入り混じる光景です

sIMGP1348.jpg







とても透明度の高い海です。 波間をじっと目を凝らしてもゴミが見当たりません

sIMGP1336.jpg







奏慶 「お父さん きれいな貝みつけた」


sIMGP1353-002.jpg




可愛い貝や花崗岩の砂だからでしょうか? 浜が陽の光を受けてキラキラとしていました











風に嗅ぎなれない海の香りがします。  


sIMGP1356-002.jpg














なんだかちょっと泳いでみたくなりました。 まだ時期が早いですがw


sIMGP1335.jpg




― 奏慶 泳いでみる? 水着用意してあるよ



奏慶 「 えっ!?  う~ん ちょっと泳いでみよっかな」


― (;゚Д゚)! 


奏慶 「じゃ いってくるね 」



sIMGP1388.jpg








しばらくの間 奏慶が波と戯れるのをみていました


とても楽しそうでした



sIMGP1409-001.jpg




















[ 2013/03/19 23:06 ] 奏慶 | TB(-) | CM(-)

嘉重と今治の海

嘉重と愛媛県は今治の海に行ってきました


sIMGP1615-001.jpg






日の出を嘉重と見るのは随分久しぶりです

sIMGP1640.jpg






― 嘉重 今日は晴れてよかったね

sIMGP1661.jpg








嘉重が嬉しそうなのを見ると私も嬉しくなる

sIMGP1674.jpg










嘉重 「こんなに綺麗な海岸は初めてです 」


sIMGP1677.jpg




本当に綺麗な海岸でした。


沖合を幾隻も船が行き交う様子をずっと二人で眺めていました


















[ 2013/03/18 22:28 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)

世界の色彩が変わる瞬間は美しい

先日 写友のなべなべさんをお誘いして日の出の撮影をしてきました

天気は晴れ 風は吹いていますが撮影には良いコンデションでした




sIMGP1140-001.jpg


写真では人影がありませんが実際は結構な人数がそれぞれの時間を過ごしていました

黙々とランニングやウォーキングに励む方達、数人の仲間内で日の出を見守る方達、私たちのようにカメラを構える方達。


空が紫からオレンジに変わる瞬間は皆に同じタイミングで訪れますが、それを受取る様子は様々なのが面白いと思いました








sIMGP1187-003.jpg



なんだか夕日みたいに見えますが朝日なんですw

風景用に50-135mmのレンズを手に入れたので望遠側で切り取ってみました

初の投入でしたが良い仕事をしてくれました




動く物を撮る事に慣れていないので船と絡めて撮る事が出来ず残念

露出変えているうちに通り過ぎて行ってしまいました





sIMGP1206-001.jpg


あっという間に日が登りきって、辺りが明るくなってきました

下を見ると海鳥が一列になっているのに気がつき、一枚撮ってみました




構図とか撮り方がよくわからないので、二人で「わかんね~」と悪戦苦闘でしたがそれがとても楽しかったです

撮影枚数は少なかったのですが、それは撮るよりも見ていたかったというのもあります

世界の色彩が変わる瞬間は美しかったです


また機会を作って訪れたいと思います


















[ 2013/03/04 23:24 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)